横浜と下水道   下水道展を開催する横浜の下水道のはじまりや現在の取り組みについて紹介します。(協力:横浜市環境創造局)

7
いろいろなかたちで
横浜下水道をPR

~下水道広報~



横浜市では、下水道のイメージアップに向けて様々な手法で情報発信を行っています。
夏休み親子の下水道教室

環境教育

毎年8月に親子を対象に各水再生センターで「夏休み親子の下水道教室」を実施しています。
下水道の役割や処理の仕組みを学ぶだけではなく、動物園など他事業で所管している施設の見学を合わせて行うことで、様々な環境問題を学び、自由研究の課題としても活用しやすいような工夫を施しています。
ハグロトンボの縄張り行動調査定点観測の様子
(提供:横浜市立平戸中学校・宮崎裕明教諭)

市民科学

横浜市立舞岡中学校科学部では、ハグロトンボの生息数と下水道整備による川の水質変化の関係を調査し、平成29年度に環境大臣賞と国土交通大臣賞を受賞しました。
この調査研究には環境創造局、戸塚区が協力し、周辺の幼稚園、小中学校、高校、横浜市立大学にも活動が広がっていきました。
今後も市民や教育機関と連携した下水道に関する取組を進め、その取組をPRすることで下水道業界全体のイメージアップを図っていきます。

マンホールカード

最近話題のマンホールカード。
横浜市ではベイブリッジ模様などのカードが発行されています。ぜひ集めてみてください!

マンホールカード(ベイブリッジ模様)


1 2 3 4 5 6 7 8

TOP