横浜と下水道   下水道展を開催する横浜の下水道のはじまりや現在の取り組みについて紹介します。(協力:横浜市環境創造局)

4
集中豪雨にも
下水道が大活躍!

~下水道の浸水対策~



水位周知下水道の概念図
平成16年台風22号 横浜駅西口浸水被害
横浜駅周辺は地下街やターミナル駅、商業施設等が集積しているため、目標整備水準を超える局地的集中豪雨により甚大な被害が想定されます。
横浜駅周辺のまちづくり計画「エキサイトよこはま22」に合わせ、駅周辺に最も甚大な浸水被害を起こした、平成16年10月の台風22号と同等の30年確率降雨(74mm/h)に対応するため、新たな雨水幹線およびポンプ場の整備を進めます。また、横浜市による浸水対策と併せて、民間事業者による雨水貯留施設等の整備により、50年確率降雨(82mm/h)への対応を目指しています。

他にも浸水被害の最小化・回避を図るため、ICTを活用し下水道管等の水位情報に基づき、溢水の危険性を予測し、地下街管理者等へ情報を提供する水位周知下水道を進めます。
2021年に横浜駅周辺で情報提供開始を予定しています。

グリーンインフラの活用イメージ
また、公園、樹林池、農地などの様々な自然環境が持つ多様な機能に着目したグリーンインフラを活用し、保水・浸透機能を高め、雨水をゆっくりと流すことによる浸水対策の強化や地下水のかん養など水循環の回復を図ります。
気候変動への適応策として公園、農業、河川等の関連する事業や市民、民間事業者の皆様などあらゆる主体と連携し取り組んでいきます。

1 2 3 4 5 6 7 8

TOP