日之出水道機器株式会社

出展内容

マンホール蓋のリスク対策に向けた計画的な維持管理


◇マンホール蓋のリスク
 マンホール蓋は交通量の増大や車両の大型化など道路環境の急激な変化に加え、集中豪雨の発生による管路内圧力の急激な増大といった環境にさらされています。また古いタイプのマンホール蓋は、現在の要求性能(大雨時の蓋浮上飛散防止機能、がたつき防止性能等)を満たしておらず、不具合発生のリスクをはらんでいます。

◇老朽化施設の増加
 これらのリスクを抱えたマンホール蓋の数は全国にある約1500万基のマンホール蓋の約300万基あると推定されています。※(一社)日本グラウンドマンホール工業会調べ
 マンホール蓋の耐用年数は、車道15年、その他30年となっており、マンホール本体や管きょと比較すると短く設定されているのに対して、『現在の年間取替基数が約10万基であることから、その交換サイクルは150年と計算され、大きなギャップがあることは明らかです。』

  

マンホール蓋のリスク対策に向けた計画的な維持管理


◇リスク軽減のためのガイドライン活用
 マンホール蓋のこれらのリスクを軽減するため、計画的な調査点検をもとに適切に維持管理していくことが重要となります。2020年3月に国交省より発刊された「維持管理情報等を起点としたマネジメントサイクル確立に向けたガイドライン(管路施設編)」では、マンホール蓋についても諸元情報や維持管理情報を蓄積し、それらの情報を基に効率的な管理、改築を行っていくことが求められています。マンホール蓋については、下水道台帳に諸元情報を蓄積している事業体はほとんどありませんでしたが、本ガイドラインに掲載されたことで、情報蓄積が進むことが期待されます。

◇情報DB化を見据えたマンホール蓋変遷表の活用
 情報データベース化に向けた効率的な情報収集・整理手法の一例として事業体ごとに過去の採用タイプのマンホール蓋と諸元情報を一覧にした変遷表の作成と活用をご提案しております。変遷表により、蓋を開けることなくマンホール蓋の諸元情報の入手が可能なため、効率的な情報収集に寄与します。また変遷表を基に、管きょ築造年や巡視結果と照合することで、どこに・どのようなタイプのマンホール蓋が設置されているかを効率的に把握することができます。

  

設置環境に応じた次世代型高品位グラウンドマンホールの活用


■概要・特長
◇設置環境に関する技術マニュアル発刊について
 マンホール蓋の性能は「日本産業規格(JIS A 5506)」で規格化されており、JISの附属書や「下水道施設計画・設計指針と解説 (公社)日本下水道協会」では設置環境に応じたマンホール蓋の設置が求められています。一方、その選定基準や性能水準、修繕・改築手法の考え方等が明確化されていないことが課題でした。
 そこで今回新たに(公財)日本下水道新技術機構より、2020年7月に「効率的なストックマネジメント実施に向けた下水道用マンホール蓋の設置基準等に関する技術マニュアル」が発刊されました。このマニュアルでは、設置環境に応じた性能水準の標準化や設置基準に必要な台帳項目、修繕、改築手法が調査研究の成果として例示されています。
 (例1)対象箇所:交差点および交差点50m以内→性能項目:耐スリップ性(車道)
 (例2)対象箇所:腐食懸念による5年に1回以上の点検箇所→性能項目:防食性
 今後、このマニュアルの活用によりマンホール蓋のリスク低減および蓋の延命化による効率的なストックマネジメントへの寄与が期待されます。

■PRポイント
◇次世代型高品位グラウンドマンホールのご紹介
 次世代型高品位グラウンドマンホールは、RV支持構造という特徴的な蓋枠の嵌合構造により、がたつきの発生防止と食込み力の抑制を両立して実現します。この機能/構造を中心に安全性能を網羅的に保有していることから、マンホール蓋に起因する苦情や事故を引き起こすリスクの低減、蓋の交換頻度の削減に有効です。
 またバリエーションとして、歩行者の通行快適性を向上した歩道タイプ、排気・排水性を向上したグレートタイプ、防食加工を施した防食タイプがあり、様々な設置環境に適応することができます。

■民間からの提案
◇マンホール蓋改築における最適製品のご提案
 近年マンホール蓋を取り巻く環境は刻々と変化しており、安全な都市インフラとして求められる役割が高まっています。特に、設置環境のリスクに応じて計画的な改築を進めていくことが求められます。老朽化したマンホール蓋を改築する際には、次世代型高品位グラウンドマンホールをはじめ、格子蓋、防食蓋、耐圧防水蓋など用途に応じた適応製品を各種準備していますので、設置環境に応じた適切なマンホール蓋の選定のご検討をお願いいたします。

  

  



出展内容に関するお問合せ

出展者名

日之出水道機器株式会社

住所

福岡県福岡市南区博多区堅粕5ー8ー18(ヒノデビルディング)

TEL

092-476-0777

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。