カナフレックスコーポレーション株式会社/(一社)Kanaflex工法協会

出展内容

管きょ更生工法「KanaSlip工法」(カナスリップ工法)


 「KanaSlip工法」は、老朽化した下水道管路に、工場で生産された自立更生管をそのまま挿入し、管口処理を施すだけの極めてシンプル且つ経済的な非開削型の管きょ更生工法です。
 国土交通省 新技術情報提供システム NETIS登録技術 HR-130007-A(※補助金対象)

  

  

■優れた耐震性
 継手がない一体型の製品。地震発生時に継手が外れる心配がない。
■優れた耐荷重性
 下水道用硬質塩化ビニル管(JSWAS K-1)と同等以上の偏平強さ。
■優れた経済性
 軽量で可とう性があるので、施工が容易で工期の短縮、施工費の縮減が可能。

  

 ■2017年1月1日 公益社団法人日本下水道協会認定工場制度Ⅱ類資器材登録(写真左)
 ■下水道協会認定工場認定番号第X12501号下水道用複合プラスチック製管更生材(写真中央)
 ■2020年3月17日 公益財団法人日本下水道新技術機構建設技術審査証明取得(写真右)

  

■充実の選べる8タイプの更生管
 φ200、 φ250、 φ300、 φ350、 φ400、 φ450、 φ500、 φ600
※2020年3月に、φ400、φ450、φ500、φ600が追加認定され、さらに充実したラインナップとなりました。

民間からの提案
 ■本工法は下水道供用下での引き込みが可能で、特殊作業車等を必要としないため、騒音の発生がほとんどありません。臭気発生もなく、短時間の施工が可能です。

下水道展特設サイト掲載情報
 ■管きょ更生工法「KanaSlip工法」(カナスリップ工法)

  



出展内容に関するお問合せ

出展者名

カナフレックスコーポレーション株式会社/(一社)Kanaflex工法協会

住所

〒530-6017 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー17F

TEL

06-6355-2155

FAX

06-6881-0834

公式サイト

http://www.kanaflex.or.jp/

担当

担当部署:事務局

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。