エコスピードシールド工法協会

出展内容

推進タイプ、推進・シールド併用タイプ、シールドタイプ

■概要・特長
 ◇全てを推進工法で施工する推進タイプ
 ◇推進工法によって、管耐荷力の限界もしくは急曲線手前の任意の地点まで施工を行って、立坑を築造することなくシールド工法に切替えを行う推進・シールド併用タイプ。
 ◇全てをシールド工法で施工するシールドタイプ。
 上記の3種類から現場条件に合せて、選定することが可能である。

■PRポイント
 ◇推進タイプでは、急勾配施工・シールド坑内発進の実績があります。
 ◇推進・シールド併用タイプでは、1000m以上・R=10mの施工があります。
 ◇シールドタイプでは、φ1500mmで1スパン2447mの実績があります。


■民間からの提案
 ◇推進工法では施工が難しく、シールド工法にするとコストが大幅に上がるため、困っているときに推進・シールド併用工法がお勧めです。推進工法で施工が可能な区間は、推進工法で施工し、残りをシールド工法に切替えることで、全てシールド工法で施工を行うよりも、工期が短縮でき、コストダウンが図れます。

  

  

出展内容に関するお問合せ

出展者名

エコスピードシールド工法協会

住所

〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4-2-15 ヨドコウ第2ビル4階

TEL

06-6252-1139

FAX

06-6252-1124

担当

担当部署:エコスピードシールド(ESS)工法協会
メール: info@eco-speed-shield.com

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。