全国エポ工法協会

出展内容( 建設 管路資器材 維持管理 )

LCCの低減と環境保全の確保に貢献するエポ工法

 マンホール鉄蓋は、私たちの生活に大切なインフラ設備のメンテナンス窓口です。
 日々のメンテナンスだけでなく、災害等のいざという時のためにも鉄蓋は常に健全な状態を保つ必要があります。

 私たち全国エポ工法協会では、『エポ工法』というマンホール蓋周辺を修繕する特殊円形工法を施工しています。

 よい鉄蓋交換・蓋高調整工法とは何でしょうか? 私たち全国エポ工法協会では、それは品質・機能の低下が少なく、維持修繕の回数や管理費用が少ないものであると考えています。

 それらの条件を満たす工法こそが『エポ工法』なのです。

    人孔鉄蓋・後付工法「エポ工法」

 エポ工法は、円い人孔を円く切断するという合理的な着眼からスタートし、エポ工法専用復旧材と相俟って、耐久性の確保が出来、道路管理者様・占用企業者様にとってメンテナンスコストの低減化を実現します。

 エポ工法では、専用復旧材で斜壁上部から道路表層まで立ち上げることにより耐久性を確保します。また、2種類以上の異なる復旧材を使用することがない為、剥離・飛散のリスクを排除し、勾配のある道路での施工においても、復旧厚さを均一・平坦に施工、管理することが出来ることから、様々な現場において、LCCの低減を図ることができます。

    エポ工法 施工断面

    後付工法 垂直切断・一括撤去

 協会設立34年の業歴の長さだけでなく、23万箇所を超える施工実績数が、ご発注者様に品質の高さを認めていただいている証です。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

全国エポ工法協会

小間番号

D640

住所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2

TEL

03-5226-1982

FAX

03-3446-0474

公式サイト

http://www.epo-method.jp/

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。