日本スピードショア株式会社

出展内容( 建設 その他 )

マンホール付近・管路施設内作業の安全確保

~墜落(転落)事故・酸素欠乏症・硫化水素中毒の対策~

日本スピードショア株式会社は2019年3月に設立から40周年を迎えました。「アルミ製水圧式土留」(スピード土留)をアメリカより日本市場へ導入し、ライフライン整備において、レンタルによる提供で土木
現場の「安全面と作業効率」に大きく貢献してきました。

国土交通省のレポートによると、国内の下水道管路の標準的な耐用年数50年を経過する割合は全管路延長の約4%、10年後には約13%・20年後には約32%と、今後は急速に増加すると示されています。
当社では、開削での布設替え現場だけでなく、更生工事及び維持管理の調査・点検・補修の現場へ幅を広げ「安全と作業効率」を提供する為に、商品を
開発及び各種関連商品の取扱を行っています。

(出典「下水道管路メンテナンス年報」(H29末時点版)国土交通省/下水道管路の老朽化の現状について)

               今回のブーステーマは『 0災・働き方改革 』です。

 ⇒ 開口部(マンホール)と孔内の安全対策
  ● マンホール転落防止フェンス
    軽量・分割可能で持ち運びも組立もラクラク
    上桟・中桟・下桟と幅木を備える
    墜落制止用器具を取り付け可能なポール

 ⇒ 管渠内に空気の流れを生み出し安全な環境を提供
  ● 新たな送風・排気の組み合わせにより送風効率向上
  ● マンホール内へ送風・排気の両側共に送風ダクトの出し入れ不要

 商品を実際にブースに展示し、より良い作業環境をご提案致しますので、
 是非弊社ブースまでお越し下さい。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

日本スピードショア株式会社

小間番号

D721

住所

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3-33-9

TEL

045-912-1407

FAX

045-901-6633

公式サイト

http://speedshore.co.jp

担当

担当者:中野 義之   担当部署:横浜営業所   メール: yokohama@speedshore.co.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。