アクアインテック株式会社

出展内容

下水環境を網羅する2事業

■概要・特長
 アクアインテックは、前身である鋳物製造業時代の1972年に、その技術を用いて汚泥掻寄せ機のチェーン・スプロケットホイールの製造販売を開始し、水処理事業に参入しました。
 以来、欧州より新たな技術を積極的に導入し、改良を加えるとともに、自社オリジナル製品の技術開発に力を注いで参りました。
 現在では、沈砂池・沈殿池向け独自商品を核とした水処理事業とマンホール鉄蓋の製造・販売、本管更生技術(オールライナー)の材料提供、マンホール防食・更生(MLR工法)の材料提供など管路施設全般を手掛ける管路システム事業を展開。
 独自技術に裏付けられたソリューションを提供し、社会生活の維持向上に貢献し続ける企業です。

  

水処理事業

■概要・特長
水処理事業では沈砂池・沈殿池のパイオニアとして多くの独自製品を開発・製造・販売を行っております。汚水沈砂池向けではエジェクタ式集砂装置、雨水沈砂池向けでは低圧集砂式揚砂設備をラインナップ。近年では汚水池向けエジェクタ・雨水池向け低圧集砂装置を組み合わせた流体移送システムが、無駄を省いたシンプルなシステムとして好評を得ております。
また、濃縮前処理設備用機器として維持管理性に注目を浴びているステップスクリーンや、これまでの雨天時放流水等に用いられていました臭素系消毒剤(BCDMH)に変わる技術として、東京都と共同開発を行いました「二液混合法次亜臭素酸による消毒技術」などを有しております。
沈殿池では汚泥掻き寄せ機としてステンレス製・樹脂製・ノッチチェーン式、レシプロ式汚泥掻き寄せ機と多種に渡り設計・製造・販売。各ご家庭または複数戸に設置する容積式グラインダーポンプユニットを核とした圧力式下水道システムのご提供と、ご家庭から放流まで独自技術に裏付けられたソリューションを提供しつつ、課題解決からの製品開発に力を入れております。

  

  

  



管路システム事業

■概要・特長
管路システム事業では、下水道の管路施設における総合的な維持管理に寄与するため、鉄蓋から下水道本管、さらに人孔までを一体的にメンテナンスするための製品と技術をご提供しています。
本管更生工法であるオールライナー工法の開発メーカーとして、管更生の創成期から培ってきた技術を基にさらなる改良を進めています。
MLR工法は、腐食・経年劣化により強度が低下した人孔に「強度復元」「耐震性」を付与することが可能です。さらに硫化水素等の腐食要因を遮断し、長期間にわたり人孔を「防食」する非開削の技術です。
当社は鉄蓋メーカーとして全国の自治体様向けに下水道用グラウンドマンホールを製造販売して参りました。その中で、長年にわたって調査・研究を進め、高い防食性能を有する防食アクアライニングマンホールふた(PCL10)を開発しました。
防食アクアライニングマンホールは、硫化水素による鉄蓋の化学的侵食を防ぎ長寿命を目指した樹脂ライニング被膜です。
安全・安心・快適な生活を支えるため、鉄蓋から人孔、管路までのソリューションを一体で提供できる企業です。

  

  

  

出展内容に関するお問合せ

出展者名

アクアインテック株式会社

住所

〒436-0005 静岡県掛川市伊達方1162-1

TEL

0537-27-2112

公式サイト

http://www.aquaintec.co.jp/

担当

担当部署:アクアインテック株式会社
メール: hp-otoiawase@aquaintec.co.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。