株式会社 中央設計技術研究所

出展内容( 設計・測量 )

下水道の経営・環境・維持・防災への貢献をめざして

自走AIロボットによる維持管理の省力化・設備保全システムの構築

◇自走AIロボットによる点検の省力化

管理すべきストックの増大、維持管理に従事するベテラン人材の退職など、これからの維持管理における課題を解決するため、プログラムされた目的に対し、進路を自ら選んで走行するAIロボットと、遠隔操作が可能なアームとの組み合わせにより、管理業務の省力化を提案します。

アセットマネジメント支援システム(アセット情報、震災情報管理)

◇アセットマネジメント支援システムフロー

維持管理で得た情報を無駄なく、効率的にストックマネジメントの実践に活かすことができるアセットマネジメント支援システムを提供します。また、震災時に必要な調査計画・復旧情報管理機能による、調査図・調査票の出力や、調査・復旧情報の台帳への自動取込機能により、被害状況の確認把握と復旧対策を支援します。

企業会計移行、中長期経営戦略策定・料金改訂支援

◇中長期経営戦略策定フロー

下水道事業の現状と課題、社会経済情勢の変化や将来の見通しを踏まえた企業会計移行支援・中長期経営戦略を策定し、中期的な目標と施策を明確化します。特に、料金改訂検討や民間活用可能性検討の実績を活かした戦略を提案します。

小規模対応バイオマス・再生可能エネルギー

◇いしかわモデルの全体イメージ

下水道汚泥の資源・エネルギー活用を図るため、バイオマス利用設備を提案します。特に、小規模対応バイオマスについては、研究から計画・設計、施工監理、運転管理までの一連の事業を支援しています。また、新エネルギー(太陽光・風力等)や未利用エネルギーの活用について提案します。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

株式会社 中央設計技術研究所

小間番号

D644

住所

〒920-0031 石川県金沢市広岡三丁目3番77号 JR金沢駅西第一NKビル7階

TEL

076-263-6943

FAX

076-262-9451

公式サイト

https://www.cser.co.jp/

担当

担当者:石黒 浩一   担当部署:企画管理部   メール: eigyoukannri@oriconsul.com

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。