全国Wジョイント管協会

出展内容( 管路資器材 )

大深度・長距離曲線推進に最適な「Wジョイント管」

大深度・長距離曲線推進に最適な「Wジョイント管」

Wジョイント管シリーズ

●出展概要
長距離・曲線推進への適用性や耐震性、大深度施工に優れ、内圧管路としても水密性を発揮するWジョイント推進管シリーズを実物の展示と商品説明や施工実績のパネルを用いることでわかりやすく紹介します。

●Wジョイント管とは
「Wジョイント管」は、大深度・耐震化・長距離・急曲線推進など、多様化する推進工事のニーズにマッチした推進管です。多くの実績と確かな技術が認められ、(公社)日本下水道協会規格JSWAS A-2のJB、JC、JD及びA-6のSJA、SJBに登録されています。
◆Wジョイント管の特長
(1)2本のゴム輪を管体の溝部に装着しているため、施工時や地震時にゴム輪がずれません。
(2)直線推進はもとより曲線推進でもJ-2(JB登録品)、J-2N(JC登録品)は0.2MPaまで、J-2D(JD登録品)は0.4MPaまでの継手水密性を確保します。
(3)ゴム輪間に滑材を注入することでゴム輪の摩耗を防止でき水密性を損ないません。また、止水材注入による二次止水が可能です。
(4)形状の異なる2本ゴム輪を用いています。接合用ゴム輪によりカラー接合がスムースに行えます。
(5)レベル2の耐震性を有します。
◆内圧推進管 Wジョイント管NAIAの特長
(1)Wジョイント管の特長を有し、更に内圧に対応しました。国土強靭化、都市部における浸水対策に、雨水貯留管として最適です。内圧強さは3種類の区分で、それぞれAW2:0.2MPa、AW4:0.4MPa、AW6:0.6MPaに対応します。

◆滑材注入管
滑材の性能を「より簡便に」、「より有効に」引き出すために提案する滑材注入のために工夫されたWジョイント推進管です。
管内の注入孔は現在の仕様と変わらず1ヶ所としており、現在の設備が利用できます。管外の排出孔は円周上に複数配置しましたので、管外周全体に滑材を注入できます。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

全国Wジョイント管協会

小間番号

C513

住所

〒945-0061 新潟県柏崎市栄町7番8号

TEL

0257-22-3144

FAX

0257-21-4624

公式サイト

http://www.w-joint.gr.jp/

担当

担当者:吉本   担当部署:事務局
メール: info@w-joint.gr.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。