出展者専用ページ

JFEエンジニアリング㈱

出展内容

JFEエンジニアリングの水・汚泥処理技術

鋼板製消化タンク


【特徴】
 ・コンクリート製と比較し建設費を大幅に低減、現地建設期間を大幅に短縮
 ・水道分野における鋼板製貯水槽441基(最大容量23,000m3)の設計建設実績から培った鋼板製全溶接式タンク
  の設計施工ノウハウを存分に活かし、高品質の鋼板製消化槽を建設。
 ・消化タンク撹拌機には独自技術のFRP製インペラ式撹拌機を採用
【実績(施工中含む)】
 ・1,800m3/槽×2槽(新潟県)
 ・5,000m3/槽×2槽(愛知県)
 ・1,650m3/槽×1槽(千葉県)
 ・4,200m3/槽×1槽(神奈川県)
 ・6,000m3/槽×1槽(千葉県)
 ・2,000m3/槽×1槽(宮城県)

発電型汚泥焼却技術(オデッセア)


【特徴】
 ・高効率発電技術:高効率タービンと下水処理水の活用で発電量を最大化
 ・局所撹拌空気吹込み技術:コンパクトな設備でN2OとNOXを同時削減
【主なDB事業範囲】
・焼却設備+高効率発電技術+局所撹拌空気吹込み技術
  ※高効率発電技術、局所撹拌空気吹込み技術は後付け可能
【その他】
 ・日本下水道事業団および川崎市と共同で、2017、2018年度 下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)にて実証事業を行い、性能を確認。

豊橋市バイオマス資源利活用施設


【特徴】
 国内最大複合バイオマス利活用設備
 汚泥 約470m3/日 生ごみ 約60t/日
【主なPFI事業範囲】
・設備建設、運転管理
・設備維持管理、修繕
・FITによる売電
※ 特別目的会社(SPC)豊橋バイオウィルを
  鹿島建設、鹿島環境エンジニアリング、オーテックと設立

横浜市汚泥処理・有効利用PFI事業


【特徴】
 日本最大級の下水道複合型PFI事業
 (サービス購入型+独立採算型)
  焼却炉・炭化炉 各200t/日
  改良土製造能力 70m3/h
【主なPFI事業範囲】
・設備建設、運転管理(焼却炉・炭化炉)
・薬品、油脂、材料、消耗品調達
・設備維持管理
・改良土設備を独立採算事業にて運営 

※ 特別目的会社(SPC)横浜BayLinkを、奥多摩工業、
奥多摩建設工業、デイ・シイ、東芝電機サービスと設立

船橋市高瀬処理場消化ガス発電事業(DB+民設民営)


【特徴】
 日本初の消化ガスDB+民設民営事業
 消化槽建設と消化ガス発電の一体事業
【主なDB事業範囲】
・汚泥濃縮機の増設
・汚泥消化施設の建設
【主な民設民営事業範囲】
・消化ガス発電設備建設、運転管理
・設備維持管理、修繕
・FITによる売電

出展内容に関するお問合せ

出展者名

JFEエンジニアリング㈱

住所

〒230-8611 神奈川県横浜市鶴見区末広町2-1

TEL

045-505-7405

FAX

045-505-7191

公式サイト

https://www.jfe-eng.co.jp/

担当

担当部署:環境本部 アクア事業部

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。