東京計器株式会社

出展内容( 建設 その他 )

各種流量計、レベル計、トンネルジャイロ等の展示

溢水対策用レベル計 RPL-10

RPL-10

溢水対策用レベル計は、下水道のマンホールに設置し、下水道管渠底面からマンホール蓋までの水位が測定できるレベル計です。
近年、下水道施設の能力を超える局地的な大雨等が頻発し内水氾濫のリスクが増大してきており、2015年に改正された水防法への対応を目的として開発されました。
電波方式と圧力方式を複合した今までにない新型ハイブリッドレベル計です。

危機管理型 電波式水位計 MD-10

MD-10

豪雨災害による中小河川の氾濫など豪雨災害が多発しています。
MD-10は、国土交通省が実施する中小河川緊急治水対策プロジェクトの危機管理型水位計に適した電波式水位計です。

熱式気体流量計 TMF-10

TMF-10

熱式気体流量計TMF-10は、気体用の熱式質量流量計です。加熱したセンサから流れによって奪われる熱量が質量流量と相関があることから圧力計などによる補正を行わずに質量流量を計測することができます。本器は、配管内に挿入されたセンサにより管内の代表流量を検出して全流量を測定します。このため既設配管へも容易に取付が可能です。また、下水処理場の曝気槽用気体流量計として日本下水道新技術機構の建設技術審査証明書(開発目標型;審査証明第1503号)を取得しています。

電波レベル計 KRG-10

KRG-10

電波レベル計KRG-10は、周波数26GHzのマイクロ波を使用した電波レベル計です。このため、マイクロ波の指向角が小さく、壁面などからの影響が軽減され、狭小な空間でも安定した計測を行うことができます。また、測定精度は±2mm(KRG-10、測定距離0.5m以上)と高精度です。さらにLRG-10は微弱電波を使用しているため国内電波管理法で規定される使用制限が一切なく、河川、海、市街地などの開放空間でも安定してご使用いただけます。

トンネル掘進機用光ファイバージャイロコンパス TMG-32F

TMG‒32F

2016年11月より販売開始したトンネル掘進機用光ファイバージャイロコンパスTMG‒32Fは、方位角静定精度±0.05°sec緯度を実現した小型・高性能ジャイロコンパスです。方位角・ピッチ角・ロール角をリアルタイムで出力・表示します。可動部分が無い光ファイバージャイロを使用しているため、従来の機械式ジャイロコンパスに比べて、振動に強く、扱い易く、定期的な部品交換の必要がありません。
また、オプションとしてレベル計、表示ソフトと組み合わせて使用することが可能で、シールド・推進工事の施工精度向上に貢献します。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

東京計器株式会社

小間番号

B329

住所

〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46

TEL

03-3737-8621

FAX

03-3737-8665

公式サイト

https://www.tokyokeiki.jp/

担当

担当部署:計測機器システムカンパニー、通信制御システムカンパニー センサ機器部

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。