株式会社 カンツール

出展内容( 管路資器材 維持管理 その他 )

初代社長 長谷川正は、訪米中に下水道管路管理事業に目を付け、
帰国後、下水道管の清掃機器や調査機器の輸入販売を行う
日米産業株式会社(現・株式会社カンツール)を設立しました。
その後、施工部門が独立する形で、管清工業株式会社を設立。
さらに、同業者に関連機器のレンタルを行う株式会社スワレントを設立しました。
根幹を同じくする3社は、パイプのプロとして、技術・ノウハウを共有しています。

水の神殿がカンツールのブースに出現!?

ブーステーマが決定いたしました!
今年は「水の神殿」
なんとも神秘的なブースになる予感がします・・・!

今回はデザインブースをチラ見せ見せ。
担当者は今から当日が楽しみでなりません!
準備状況を今後の更新でアップしていきます。
皆様もお楽しみに!

出展製品については6月初旬更新予定!

用途に合わせて自由設計が可能なTVカメラ車システムです。

軽量ケーブルドラム(ケーブル長300m),タッチパネル採用コントローラ,高機能クローラと、用途に合わせたカメラヘッドの組み合わせにより、あらゆる状況でも稼動できるTVカメラ車システムです。
【特長】
●軽量かつ携帯性に優れた管内検査システム
●ロバスト設計により、いかなる状況の中でも防水性で頑丈かつ高い走行性能を発揮
●高い拡張性
●最先端通信技術
【適用管径】
●RX95:φ100~200mm
●RX130:φ150~1000mm(オプションRCR1000必要)
●RX400:φ400~2000mm(オプションエレベータエクステンション必要)
【高機能クローラ】
●ステアリング機能
●リフト機能
●バックカメラ
●傾斜センサ
●発信機搭載
【タッチパネル採用コントローラ】
●タッチハネル採用コントローラ
●高輝度・見やすい画面 (800×600 pixel)
●日本語表示対応
●現場での調査結果記録⇒内蔵ハードディスク

超速回転クリーナー,マッドサイクロン

最も過酷な作業に適した究極の清掃力
マッドサイクロンは力強く、頑丈な超速回転クリーナーです。
3種類の本体により、φ50~200mmまで対応しています。
回転軸となるシャフトは、ケーシングチューブに覆われており、1分間に500~2900(可変)回転します。標準的なワイヤー清掃機は200~500回転なので、約6倍の回転数で迅速・効率よく清掃することができます。
モデルによって、8mm,12mmのタイプがあります。

●マッドサイクロンMINI 仕様
 寸法(本体・シャフト):736×500×406(mm) 8mm×17m
 適  用  管  径 :φ50~100mm
 用        途 :排水管清掃・ライナー材除去、穿孔
 質        量 :32kg
 電        源 :単相100V・12A
 回    転    数 :500~2900rpm(出力:1200W)
 安  全  装  置 :ブレーカ・非常停止機能
 そ  の 他  機  能 :6段階ダイヤル式回転調整・アルミフレーム

●マッドサイクロンMAXI 仕様
 寸法(本体・シャフト):1150×854×489(mm) 12mm×30m
 適  用  管  径 :φ100~200mm
 用        途 :排水管清掃・ライナー材除去、穿孔
 質        量 :95kg
 電        源 :単相100V・30A(大型アース付き3本足差し込みプラグ使用)
 回    転    数 :550~1400rpm(出力:1130W)
 安  全  装  置 :非常停止機能
 そ  の 他  機  能 :無段階ボリューム式回転調整、アルミフレーム、安全クラッチ、一時的リバース機能

●マッドサイクロンSuper MIDI 仕様
 寸法(本体・シャフト):1122×712×466(mm) 12mm×30m
 適  用  管  径 :φ75~150mm
 用        途 :排水管清掃・ライナー材除去、穿孔
 質        量 :59kg
 電        源 :単相100V・30A
 回    転     数 :550~1400rpm(出力:1130W)
 安  全  装  置 :非常停止機能

出展内容に関するお問合せ

出展者名

株式会社 カンツール

小間番号

C534

住所

〒108-0073 東京都港区三田3丁目14-10

TEL

03-5427-6261

FAX

03-3452-2311

公式サイト

http://www.kantool.co.jp

担当

担当者:八木原 博之   担当部署:経営企画部 企画課
メール: yagihara@kantool.co.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。