一般社団法人 日本下水道光ファイバー技術協会

OVERVIEW(ブースの様子)

画像をクリックすると、写真が切り替わります。

出展内容( 維持管理 )

「分かる」「伝える」「判断する」下水道ICTを「支える」下水道光ファイバー

下水道ICTを支える下水道光ファイバー

本年度の当協会にテーマは、「分かる」「伝える」「判断する」下水道ICTを「支える」下水道光ファイバーです。
ICTは、三つの機能より構成されており、センサー等計測した情報を入手する「分かる」機能、その情報を光ファイバーや無線等で「伝える」機能、そして集約した情報を処理して表示したり、シミュレーションで予測したりする「判断する」機能です。
下水道ICTにおける下水道光ファイバーの役割を三つの機能に沿って分かりやすく紹介します。
・「分かる」として、下水道光ファイバーによるセンシング機能の紹介。
・「伝える」として、災害に強い自営線である下水道光ファイバーの敷設工法、更に人孔内の固定法方法として地震対応新フックの模型展示。
・「判断する」として、浸水予測システムや光ファイバー線路監視システムの紹介。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

一般社団法人 日本下水道光ファイバー技術協会

小間番号

B-430

住所

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-10-12 内神田すいすいビル4階

TEL

03-6206-0222

FAX

03-6206-0221

公式サイト

http://www.softa.or.jp/

担当

担当者:勝田 雅道  
メール: contact@softa.or.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。