日本PCボックスカルバート製品協会

出展内容( )

ワンタッチジョイントによる接続と高弾性接着剤により、「レベル2地震動」をクリアした、「耐震継手工法」

耐震継手工法

TB工法は、連続性と水密性を確保しつつ、側方流動などによる大きな地盤変位にも対応可能な水路や通路等の管路を構築できるボックスカルバート用の耐震継手工法である。TB工法は、ボックスカルバートの端面に埋設したソケットに、複数の節のあるジョイントバーを差し込むことによってボックスカルバートを接続し、ボックスカルバートの継手部に、伸び能力に優れた「高弾性接着剤」を充填して接着接合することで、すべての継手部が高い水密性を確保しながら地震時の地盤の変位に合わせて柔軟に追随することができる、レベル2地震動に対応した新しい耐震継手工法である。最大の特長は、他の耐震継手では対応できない「曲線部」や「断面変化部」においても、直線部とまったく同様に施工できることである。その結果、管路の全長にわたって所要の耐震性、水密性を付与することができる。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

日本PCボックスカルバート製品協会

小間番号

D636

住所

〒104-0045 東京都中央区築地1-8-2

TEL

03-3542-1206

FAX

03-3545-1207

公式サイト

http://www.asahi-concrete.co.jp/

担当

担当者:福田俊   担当部署:技術・設計開発部
メール: fukuda@asahi-concrete.co.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。