FRP工法協会/エスジーシー下水道センター

出展内容

FRP内面補強工法(熱硬化・光硬化)

概要・特長
 下水道管路施設は、建設後、過酷な条件下で使用され続けます。管のずれやクラックが生じれば、水や土砂が流入し、やがて破断してしまうリスクを抱えているため、継続的な保守が不可欠です。しかし補修(修繕)の度に道路を掘り返すことはとても不可能です。
そのような問題を解決するのがFRP内面補強工法です。道路を掘り返すことなく、至近のマンホールから効率的にかつ短時間でさまざまな損傷の補修工事を行うことができます。

PRポイント
①樹脂は耐食性の高いビニルエステル、補強繊維は耐酸性ガラス繊維のロービングクロスを使用しているため、高強度で極めて耐久性の高い補修材です。
②耐薬品性・耐ストレインコロージョンを有しています。
③補修材は、日本下水道事業団の防食シートライニングD種の品質規格適合材です。
④取付管・本管一体型施工機には、取付管部位置を確実に施工するため、TVカメラを内蔵しています。
⑤補修する目的により補修材を選定することができます。(標準Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・更生管対応型)
⑥日本下水道新技術機構 技術審査証明を取得しています。

民間からの提案
 近年都市化に伴い道路陥没が多く発生しており、特に取付管と本管の接続部分からの侵入水が大きい原因と言われております。本管、取付管自体の老朽化、接合部の使用材料の経年劣化による脱落によって生ずる浸入水による土砂流入等を防止することが必要です。
 また、耐震対策、長寿命化等により、本管部は更生工法により新しくなっても、接合部(取付管口)は、穿孔しただけとなっておるのが現状です。本工法は管路のあらゆる不良箇所を安全、安心、確実に修繕・改築します。本管・取付管接合部は形状が多種多様のため、帽子型(つばつき)では、確実な止水効果が得られません。当工法の一体型施工は左右二枚の材料を重ね合わせることにより対応を可能にしております。合わせて、道路沿いに植えられた街路樹の木根の既設管接続部、取付管接合部からの侵入も防ぐことができます。

  

  

  

FRP光硬化取付管ライニング工法

■概要・特長
 本工法は、耐酸性ガラス繊維編物に光硬化性樹脂を工場含侵したFRP取付管ライナーを施工機の収納ドラムに装着、既設ますより取付管内に反転または押し込み挿入し、ライナー内部の異常の有無を光硬化装置(UVトレイン)の先端部TVカメラで確認後、UVランプを点灯して先端部より牽引し、ライナー全体を光硬化させ強固なFRP管を形成する工法です。
 ◇特長
 ① FRP取付管ライナーは、光(紫外線)照射による硬化工法のため、硬化が早く経済的で既設管きょ内で確実に硬化します。
 ②使用材料は、耐食性に優れたビニルエステル樹脂、耐酸性ガラス繊維を使用していて、耐薬品性能および長期耐ストレインコロージョン性を有します。
 ③補強繊維織物は、既設取付管の曲がり部等に追従性の高い編み方でシワ等の発生が極めて少ない更生材です。
 ④光硬化装置(UV・LEDトレイン)にTVカメラを装備していて、硬化前のライナーの異常の有無を確認できます。
 ⑤ UV・LEDトレインに温度センサーが装備されていて、硬化時の温度を自動計測して安全管理をすると共に、記録計により施工硬化管理記録を自動プリントして硬化管理ができます。
 ⑥施工装置がコンパクトで作業帯が小さく施工できます。

■PRポイント
 FRPの取付更生管は、本管更生管(50年対応)と同等以上の耐久性に優れた材料です。FRP取付管ライナーは、ISO認証取得している専用工場で厳格な品質管理の元製造され、品質が安定した更生材料です。材料は取付管専用に開発、使用する耐酸性ガラス繊維も本管用のものよりもさらに細い糸(バルキーロービング)を特別に縫製、加工して曲がりに追従し、極力シワを少なくするようにしています。

■民間からの提案
 ◇ご提案
 FRP光硬化取付管ライニング工法でのゼットパイプ(Z管)の更生。
 昭和45~50年にかけて全国の宅地造成地で家屋の排水管にゼットパイプ(Z管)が多量に布設され、現在約50年以上経過し、各地で管の老朽に伴い多くの障害(閉塞等)が発生して来ております。
 特に傾斜地の戸建て造成地においては、石垣、ブロック・コンクリート擁壁等により宅地を造成し、家屋が建てられています。その擁壁の背面に配管された老朽化したゼットパイプ(Z管)を開削により再構築する事は困難をきわめておりました。本工法では特殊拡径工の開発により非開削の更生工が可能となりました。

  

  

  

出展内容に関するお問合せ

出展者名

FRP工法協会/エスジーシー下水道センター

住所

〒160-0004 東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル

TEL

03-3355-1525

FAX

03-3355-5786

公式サイト

http://www.frp-method.jp/

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。