株式会社荏原製作所

出展内容( 下水処理 )

100年をこえる信頼と実績にもとづいた荏原のポンプ技術

◆ポンプ場関連技術


ポンプ場の「トータルエンジニアリング」として以下の製品を展示しています。

◎楽々点検ポンプ
立軸ポンプにおいて、水中軸受の点検・交換には、ポンプを引き上げ、分解する必要があり、時間と費用を要します。楽々点検ポンプは、水中軸受の位置や構造を工夫し、ポンプを据え付けたまま水中軸受の点検及び交換を容易に行うことを可能としました。(第1回インフラメンテナンス大賞国土交通大臣賞受賞)

◎フレキシブルベース付ポンプ
立軸ポンプにおいて、軟弱な地盤や地震等により土木躯体が不同沈下した際のポンプ水平度の復旧には、ポンプ本体を一旦撤去した後、ポンプベースの再構築が必要であり、時間と費用を要します。フレキシブルベース付ポンプは、ポンプベースの構造を工夫し、水密を保持したまま水平度の修正を容易に行うことを可能としました。

◎高機能樹脂製除塵機
鋼製除塵機は、特に沿岸部等の腐食環境では、経年腐食に対する維持管理費が増大します。また、運転時には、金属同士の接触により不快音が発生します。高機能樹脂製除塵機は、軽量で高強度の樹脂を採用し、軽量化による据付時間の短縮、優れた耐海水・耐食性能及び低騒音化を可能としました。

◎ポンプラス
 立軸ポンプにおいて、排水量の増量やポンプ運転可能水位の低減には、ポンプが設置されている既設の吸水槽内に渦流防止板の設置が必要であり、時間と費用を要します。ポンプラスは、ポンプ本体の構造を工夫し、土木構造の改造をすることなくポンプ本体で渦を防止することを可能としました。

◆真空式汚水収集システム


真空弁関連の最新技術をパネル、映像、実物展示により紹介します。

◎HPコントローラ 
AIRVAC方式真空弁用コントローラ「ACコントローラ」の後継機として耐環境性能や操作性の向上を図った「HPコントローラ」を開発しました。「ACコントローラ」は、AIRVAC方式真空弁の開閉を制御する分離吸引方式のコントローラで、新モデルの「HPコントローラ」では部品の最適化とパーツ構成の見直しにより、耐環境性能の向上を図っています。また真空弁の開閉タイミングを簡単に調整できる新設計のタイミングホイールを採用しています。

(写真:HPコントローラ)


◎エアフロー検知型真空弁開閉センサー 
エアフロー検知型真空弁開閉センサーは真空弁ユニットの吸込管に装着し、吸引する空気の流れで真空弁の開閉を検知する新しい原理のセンサーです。従来の真空弁故障通報装置に接続可能で、透明ボディの採用により作動状況を容易に確認できます。

◆即時排型ビルピットユニット


本製品は、地下階のビルピットに流入してくる汚水を長時間滞留させることなく即時排水を行うためのユニットで、長時間滞留で腐敗が進行するのを防ぎ、悪臭対策に貢献いたします。
展示用モデル・パネルを展示いたします。

◆マンホールポンプユニット


◎水中ポンプDML型
高効率・100%通過粒径でご好評いただいている水中ポンプです。口径65mmの実機(カットモデル)とパネルを展示いたします。

◎EMMD-Xデータ通報装置
携帯電話通信網を利用した音声通報、インターネットからの遠隔監視・設定などの機能を備えています。パネルを展示いたします。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

株式会社荏原製作所

小間番号

A224

住所

〒144-8510 東京都大田区羽田旭町11-1

TEL

050-3416-3158

FAX

03-3744-0187

URL

https://www.ebara.co.jp/

担当

担当部署:社会システム営業部 営業企画課

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。