EX・ダンビー協会

OVERVIEW(ブースの様子)

画像をクリックすると、写真が切り替わります。

デモンストレーションスケジュール

日時を選択して下さい

出展内容( 建設 )

下水道管路の未来を担う ~EX工法・ダンビー工法~

管きょ更生工法

EX・ダンビー協会 ブース 【D609】

下水道管で50年以上の実績が証明する硬質塩化ビニル樹脂を材料に使用した管きょ更生工法である、小口径対応(φ100~600mm)の「EX工法」、および中大口径対応(φ800~3,000mm、非円形も可能)の「ダンビー工法」をご紹介します。
EX工法は、長尺管のEXパイプを蒸気と熱風により加熱軟化させてマンホールより既設管きょ内に引き込み、EXパイプ内の蒸気圧を上げ、加熱・加圧することでEXパイプを拡径させて既設管きょ内面に密着させます。その後、エアーにより保圧・冷却して新たな管きょを形成する、熱形成タイプ(密着管)の更生工法です。
ダンビー工法は、予め既設管きょの内面上部にスペーサーを設置し、その後帯状部材(ストリップ)を巻き立てて、隣り合うストリップ間をSFジョイナーでかん合製管して連続した管体を形成します。そして、既設管きょとの間にセメント系充てん材を注入・硬化させることで、既設管きょと更生材が一体となった複合管を構築する、製管タイプ(ら旋巻管)の更生工法です。
今回、EX工法は、地中に埋設された状態を想定した実物大更生管のスケールモデルにより、より一層施工イメージが分かり易い展示にしました。
ダンビー工法は、模擬既設管に製管機による製管作業のデモを行い、施工状況や仕上がり状況を確認して頂きます。
また、両工法のプレゼン説明を交えて、品質の確かさや耐震性、施工の簡便さおよび更生材料に有機溶剤を含まないことによる臭気の発生がないこと等を実感して頂きます。
D609のブースにどうぞお立ち寄り下さい。

小口径から大口径まで対応

出展内容に関するお問合せ

出展者名

EX・ダンビー協会

小間番号

D609

住所

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-2-2-303

TEL

03-6806-7133

FAX

03-6806-7144

公式サイト

http://www.ex-danby.jp/

担当

担当者:宮川 恒夫   担当部署:事務局
メール: info@ex-danby.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。