長島鋳物株式会社

出展内容

次世代型軽開放鉄ふた(下水道用鋳鉄製マンホールふた)

次世代型軽開放鉄ふた


次世代型軽開放鉄ふた(下水道用鋳鉄製マンホールふた)

■概要・特長
 次世代型軽開放鉄ふたは、ふたの異常食込みを防止する軽開放とガタツキ防止、ふたの軽量化、雨水流入抑制など、長寿命かつ維持管理コスト低減に寄与する技術です。ふたの支持構造は、ふたと枠の接触面を3段テーパー構造とすることで、ふた表面からの異常な荷重を受け止め、一定以上の過剰な喰い込みとガタツキを防ぐことができます。ふた表面は、スリップ防止模様の突起を大きくすることで、ふた表面の耐摩耗性能を向上させています。さらに、ふた組付け部品に亜鉛メッキを下地処理として施すことで、部品の耐食性能を向上させています。

■PRポイント
 「軽開放・軽量化・摩耗寿命を延ばす・下水道施設への負荷低減に寄与できる」。これらの新技術を客観的に審査・証明していただいた建設技術審査証明書を取得しております。今後、マンホールふた導入の際の判断材料として、ご検討いただければと思います。

■民間からの提案
 ◇ふたが食い込んで開かない!
 ◇ふた本体はまだ使えるのに蝶番やロックが錆びてボロボロ!
 ◇不明水が入らないように出来ないかな!
 → NCTが叶えます。

  

  

建設技術審査証明書


  



ハンマレストップアンカー(あと施工アンカー)

施工写真


■概要・特長
 ◇油圧拡張機構と接着機構の複合化で、強固な引き抜き強度を実現します。(拡張効果+接着効果≒132KN/3本)JWWS G-4「耐揚圧荷重強さ」は106KNです。
 ◇非打撃アンカーなので、躯体へのストレスが少ない工法です。
 ◇油圧拡張による固定で、接着剤効果前でも仮固定に必要な強度を発揮するので早期の道路開放が可能になります。
 ◇油圧押し込み工具の使用により、アンカーの拡張にバラツキがなく施工の信頼性が向上します。

■PRポイント
 2018年にJIS A 5506の抜本改定が行われ、付属書Bに「あと施工アンカー」が追記されました。ハンマレストップアンカーシステムは、コンクリート躯体へのダメージが少なく、アンカーの引き抜き強度を有しているので、ふた交換時に安心してご使用いただけるシステムとなっております。今後、マンホールふた交換時の判断材料として、ご検討いただければと思います。

■民間からの提案
 ◇近年は異常気象が増えてきているし、今までよりも強度が高いシッカリとした施工を行いたい!
 →ハンマレストップアンカーが叶えます。

  

アンカー写真


  

樹脂接着剤


  

油圧押し込み工具


出展内容に関するお問合せ

出展者名

長島鋳物株式会社

住所

埼玉県久喜市八甫2丁目34番地

TEL

0480-58-2211

担当

担当部署:営業部
メール: support@nagashima-imono.co.jp

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。