中川ヒューム管工業株式会社

出展内容

  

EX推進管、SR推進管・SR-JD管、CSパイプ、MMホール・MMホールS、CSB・高圧CSB、コンタイブロック、EeTAFCON(イータフコン)
■概要・特長
 本年の中川ヒューム管工業(株)バーチャル展示スペースでは、全国CSパイプ工業会、全国CSB工業会、MMホール協会と協賛して、時代にマッチした下水道インフラ整備に貢献できる以下の製品をご紹介いたします。
 ①EX推進管(継手性能JB対応推進管)
 EX推進管は、(公社)日本下水道協会Ⅰ類規格 JSWAS A-2の継手性能JBに登録された推進管です。2020年7月に内圧管の追加登録を行いました。幅広いシール材があらゆる局面でも安定した止水性能を発揮します。
 ②SR推進管(曲線推進工法用鉄筋コンクリート管)
 SR 推進管は、可とう部を採用することで推進力伝達材を管体に埋込み、経済的な曲線推進が可能な推進管です。さらにJSWAS A-2-2018で追加された、継手性能JD(水密性0.4MPa)の製品「SR-JD管」をシリーズに加えました。SR-JD管はⅠ類登録製品です。
 ③CSパイプ(可とう性鉄筋コンクリート管)
 地震対策に対応したCS パイプは、地震による地盤の変位に追従し、管の破損を防止します。
 ④MMホール(立坑兼用マンホール)
 MMホールは、直接コンクリートの躯体を圧入する立坑兼用マンホールで、工期が大幅に短縮され経済性にも優れています。部材厚を薄くし安価としたMMホールSシリーズもございます。(立坑深5mまで)
 そのほかにも、弊社には以下のような製品がございます。
 ◇CSB(遠心ボックスカルバート)
 CSBは、管と基礎を一体化した製品で、工期を大幅に短縮することができ、経済的な施工が可能となります。従来の1.5倍高強度である「高圧CSB」がラインナップに追加され、従来のⅠ形では対応できなかった高盛土の現場等に使用範囲が拡充されました。
 ◇コンタイブロック(駐車場緑化ブロック)
 コンタイブロック(駐車場舗装平板)は、製品に設けた開口部に芝などを植え、緑化する駐車場用平板ブロックです。区画ラインを兼ね備えた平面歩行路を備えており、施工が早く、轍(わだち)が生じないという特長があります。
 ◇EeTAFCON(イータフコン)
 イータフコンは、ジオポリマーとも呼ばれる「セメントを使用せずフライアッシュを主材とし製造される新たなコンクリート」です。耐酸性が非常に高く、セメントコンクリートと比べてCO2排出量を70%以上削減できます。
 最後になりましたが、皆様からのお問い合わせを心よりお待ちいたしております。

継手性能JB対応「EX推進管」


■概要・特長
①継手性能JB対応
EX推進管は、(公社)日本下水道協会Ⅰ類規格 JSWAS A-2の継手性能JBに登録された推進管です。2020年7月に内圧管の追加登録を行いました。
②ワイドシールによる安定した水密性能
幅広いシール材があらゆる局面でも安定した止水性能を発揮します。中空構造のシール材は接合作業をスムーズなものとしております。
③E形管と直接接合が可能
これまでE形管とJB管の接合には継手形状の違いから接続管が必要でしたが、EX管はE形管と直接接続することが可能です。

■PRポイント
・EX推進管は、(公社)日本下水道協会Ⅰ類資器材に登録されています。(登録番号JB4)

■民間からの提案
・浸水対策のための貯留管推進などの推進工事

SR推進管・SR-JD管


■概要・特長
・SR推進管(曲線推進工法用鉄筋コンクリート管)
SR 推進管は、可とう部を採用することで推進力伝達材を管体に埋込み、経済的な曲線推進が可能な推進管です。さらにJSWAS A-2-2018で追加された、継手性能JD(水密性0.4MPa)に対応した新製品「SR-JD管」をシリーズに加えました。SR-JD管はⅠ類登録製品です。

■PRポイント
◇SR推進管は、(公社)日本下水道協会Ⅱ類資器材に登録されています。
◇SR-JD管は、(公社)日本下水道協会Ⅰ類資器材に登録されています。(登録番号JD2)

■民間からの提案
◇浸水対策のための貯留管築造
◇曲線推進

可とう性鉄筋コンクリート管「CSパイプ」


■概要・特長
CSパイプ(可とう性鉄筋コンクリート管)
中川ヒューム管は「可とう性ヒューム管は所定の曲げ性能をクリアするだけで良い」という考えを一新しました。
少なくとも管自体で抵抗できる曲げモーメント以下の荷重では変形しないで一定の曲げモーメントを超えた場合に初めて可とう性を発揮する構造の可とう管の開発に取り組み、生まれたのがCSパイプです。地震対策に対応したCS パイプは、地震による地盤の変位に追従し、管の破損を防止します。
◇可とう抑制機能により、小さい偏荷重ではたわみません。
◇大きな偏荷重が作用すると、可とう性を発揮します。
◇充分な可とう性があります。
◇地震動レベル2に対応しています。
◇(公社)日本下水道協会 認定適用資器材(Ⅱ類)です。

■PRポイント
◇CSパイプは(公社)日本下水道協会Ⅱ類資器材に登録されています。
◇民間開発技術審査第101号

■民間からの提案
◇推進管路の新設時に、構造物との取付部の耐震対策を行いたい。
◇鋼矢板立坑の矢板付近の胴折れ対策を行いたい。

圧入構築式プレキャストマンホール「MMホール」「MMホールS」


■概要・特長
MMホールは、直接コンクリートの躯体を圧入する立坑兼用マンホールです。工場で高度に管理され製作されたMMホール側塊に刃口を取り付け、回転運動(全周又は反復)する圧入機により、地山に貫入させます。側塊先端内部の土砂は油圧クラムシェル等により掘削し、この圧入掘削作業を繰り返すことで所定の深さまで圧入します。
マンホール部材を直接圧入しますので、工期が大幅に短縮されて経済性にも優れ、環境負荷も小さくなります。部材厚を薄くし安価としたMMホールSシリーズもございます。(MMホールSは立坑深5mまで)

■PRポイント
◇実績 5525基(平成30年までの累計)
◇建設技術審査証明(建技審証 第0224号)
http://www.jacic.or.jp/jacic-hp/sites/default/files/manage_sinsa/0200543.pdf

■民間からの提案
MMホールはこんな現場におすすめします。
◇地下埋設物による立坑寸法の制限がある。
◇交通渋滞を防ぐため、工期を短縮したい。
◇隣接構造物があり、作業ヤードの制限がある。

出展内容に関するお問合せ

出展者名

中川ヒューム管工業株式会社

住所

茨城県土浦市真鍋1-16-11

TEL

029-821-3611

FAX

029-821-3620

公式サイト

http://www.h-nac-hp.co.jp/

※本ページ内の文章および画像その他全ての情報の無断転載を禁じます。本ページの著作物に関しては、出展者までお問合せ下さい。