併催企画・テクニカルツアー参加無料

※参加お申込みの際、事前来場登録時の情報を主催者に提供する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※タイトルをクリックすると、詳細がご覧いただけます。
日時 タイトル/主催・共催
8/7(水) 9:30 ~ 12:20
※募集を締め切りました

包括的民間委託に関するシンポジウム

共催:日本下水道協会・関東地方下水道協会

8/7(水) 10:00 ~ 12:00
※募集を締め切りました
8/7(水) 10:00 ~ 12:10
※募集を締め切りました

「ストックマネジメントの実践」についてのセミナー

主催:公益社団法人 日本下水道管路管理業協会

8/7(水) 10:30 ~ 12:00
※募集を締め切りました
8/7(水) 13:00 ~ 17:00
※募集を締め切りました
地方自治体職員

下水道展’19横浜テクニカルツアー Aコース① ※地方自治体職員 対象

主催:公益社団法人 日本下水道協会

8/7(水) 13:00 ~ 17:00
※募集を締め切りました
地方自治体職員

下水道展’19横浜テクニカルツアー Bコース ※地方自治体職員 対象

主催:公益社団法人 日本下水道協会

8/7(水) 13:30 ~ 16:00
※募集を締め切りました
8/7(水) 14:00 ~ 16:00
※募集を締め切りました

全国上下水道コンサルタント協会における防災・減災・安全への取組み

主催:公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会

8/7(水) 13:00 ~ 16:00 午後(予定)
※募集を締め切りました

B-DASHガイドライン説明会

主催:事務局:国土交通省 下水道企画課/国土技術政策総合研究所 下水道研究部

8/8(木) 10:00 ~ 11:30
※募集を締め切りました

「下水道管路ストックマネジメントの実践」(管路・MHトイレ・MH蓋のJIS改定)

主催:一般社団法人 管路診断コンサルタント協会

共催:日本グラウンドマンホール工業会

8/8(木) 13:00 ~ 15:00
※募集を締め切りました

JS技術報告会

主催:地方共同法人 日本下水道事業団

8/8(木) 13:00 ~ 17:00
※募集を締め切りました
地方自治体職員

下水道展’19横浜テクニカルツアー Aコース② ※地方自治体職員 対象

主催:公益社団法人 日本下水道協会

8/8(木) 13:30 ~ 15:40
※募集を締め切りました

市民科学シンポジウム ~地域の未来のための協働~

主催:国土交通省水管理・国土保全局下水道部流域管理官付市民科学プロジェクト

8/9(金) 9:00 ~ 17:00
※募集を締め切りました

第5回アジア水の再利用シンポジウム

主催:事務局:日本下水道協会 技術研究部 研修課

8/9(金) 10:00 ~ 16:00
※募集を締め切りました

[下水道×謎解き] 下水道クエスト

主催:GKP下水道を未来につなげる会

8/9(金) 10:00 ~ 12:00
※募集を締め切りました
都市浸水対策に関心のある自治体、企業、大学等

都市浸水リスクのリアルタイム管理・制御への挑戦

主催:東京大学大学院工学系研究科社会連携講座「未来型の都市浸水リスク管理・制御システム」

共催:横浜市環境創造局

8/9(金) 12:00 ~ 16:00
※募集を締め切りました

災害時のトイレ・下水道フォーラム ‐集合住宅でのトイレ対策を実践から学ぼう‐

主催:公益社団法人 日本下水道協会(企画・運営:特定非営利活動法人日本トイレ研究所)

8/9(金) 13:00 ~ 15:00
※募集を締め切りました

地域活性化戦略としてのBISTRO下水道プロジェクト~循環型社会構築に向けて~

主催:GKP BISTRO下水道チーム

共催:日本下水道協会


※募集を締め切りました 包括的民間委託に関するシンポジウム
このたび、下水道事業に携わる多くの皆様にとって関心の高いテーマの一つである「包括的民間委託」を取り上げ、下水道展'19横浜の併催企画としてシンポジウムを開催いたします。
近年、下水道事業では、施設の老朽化対策、さらに深刻となるヒト、モノ、カネの問題、本格的な維持管理への移行などにより事業運営の厳しさが一層増しているなか、効率的な事業運営の一環として「包括的民間委託」が推進されているところでもあります。
こうした背景を踏まえ、今回のシンポジウムを活用いただければ幸いです。

共  催

日本下水道協会・関東地方下水道協会

開催日時

8/7(水) 9:30~12:20

会  場

会議センター 501ルーム

募集人数

190名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 250

内  容

(1)処理場等包括的民間委託の履行監視・評価に関するガイドライン」の概要説明
 ①講 演 者:正代徳明 氏(熊本市)
 ②講演内容:評価の基本的な考え方、手順及び方法等について
(2)パネルディスカッション
 ①コーディネーター:滝沢智 氏(東京大学大学院 教授)      
 ②パネラー:
 柏市〔千葉県〕
 河内長野市〔大阪府〕 
 横須賀市〔神奈川県〕  
 富士市〔静岡県〕
 ③パネルディスカッション内容:
 包括的民間委託の導入にあたっての進め方、調整事項、導入後の課題等について
 5テーマ程度を予定

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

日本下水道協会 企画課シンポジウム担当 福田
03-6206-0679
kaiinn@ngsk.or.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 下水道における微量物質等への取組 ~マイクロプラスチック問題を考える~
下水道において処理対象としている有機物等の他,環境ホルモン等の微量物質やクリプト,ノロウィルス等の病原性微生物も重要な課題です。
近年は,マイクロプラスチック問題が取りざたされており,下水道における取組のあり方を考えていきます。

主  催

公益財団法人 日本下水道新技術機構

開催日時

8/7(水) 10:00~12:00

会  場

会議センター 511+512ルーム

講  師

○基調講演 田中周平 京都大学准教授/○講演 環境省 水・大気環境局 水環境課:国における取組の動向(仮題)/○講演 下水道機構研究第一部 小川:下水道機構における取組-環境ホルモンからマイクロプラスチックへ-

募集人数

77名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 77

申込締切

2019-07-26

問い合せ先

日本下水道新技術機構 研究一部
03-5228-6597
jiwet@jiwet.or.jp

お申込み

プログラムが確定後募集を開始いたします。
日本下水道新技術機構のホームページより確認、お申込みください。

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 「ストックマネジメントの実践」についてのセミナー

主  催

公益社団法人 日本下水道管路管理業協会

開催日時

8/7(水) 10:00~12:10

会  場

パシフィコ横浜 アネックスホール F205・F206ルーム

募集人数

300名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 297

内  容

10:00~10:05 
開会挨拶 公益社団法人 日本下水道管路管理業協会 会長 長谷川健司

10:35~11:00 
横浜市環境創造局下水道管路部管路保全課 課長 新田 巧 氏
「横浜市の管路ストックマネジメントの取り組み」

11:00~11:25
川崎市上下水道局下水道部管路保全課 課長 後藤 正寛 氏
「アセットマネジメントシステムの構築 ~川崎市における取組み~」

11:25~11:50
横須賀市上下水道局技術部下水道管渠課 課長 野田 義明 氏
「横須賀市下水道ストックマネジメント計画(管路施設編)の事例紹介」

11:50~12:10
(公社) 日本下水道管路管理業協会 試験研修委員会委員長代理 玉置 大輔
「管路協の取り組み(資格の活用等)」

申込締切

2019-07-23

問い合せ先

日本下水道管路管理業協会事務局 島原
03-3865-3461
shimahara@jascoma.com

※募集を締め切りました

特別企画
※募集を締め切りました 仙台市南蒲生浄化センター復旧のあゆみ(特別企画:自然災害と下水道)
東日本大震災において甚大な被災を受けた南蒲生浄化センターをいかに汚水処理を段階的に回復させたのか。さらに、40万m3/日の新水処理施設を設計者、施工者がいかなる工夫・苦労によって3年半で処理運転開始まで達成できたのかについて、動画も活用して発表します。
この講演は、特別企画「自然災害と下水道」の一環として実施されます。

主  催

公益社団法人 日本下水道協会

開催日時

8/7(水) 10:30~12:00

会  場

会議センター 414+415

講  師

地方共同法人日本下水道事業団 東北総合事務所長 金子 昭人 様

募集人数

70名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 100

内  容

東日本大震災における南蒲生浄化センターの復旧・復興について、主に技術的な側面から、経緯等を紹介

申込締切

2019-08-02

問い合せ先

公益社団法人 日本下水道協会総務部 広報課
03-6206-0205
kouhou0205@ngsk.or.jp

※募集を締め切りました

地方自治体職員
※募集を締め切りました 下水道展’19横浜テクニカルツアー Aコース① ※地方自治体職員 対象
「新エネルギー(下水汚泥燃料化・水素製造)施設を廻る
パシフィコ横浜→北部下水道センター→ハマウィング→パシフィコ横浜

※お問い合わせは下水道展事務局までお願い致します。

主  催

公益社団法人 日本下水道協会

開催日時

8/7(水) 13:00~17:00

募集人数

40名 40

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

下水道展事務局
03-6808-9380
jimukyoku@gesuidouten.jp

※募集を締め切りました

地方自治体職員
※募集を締め切りました 下水道展’19横浜テクニカルツアー Bコース ※地方自治体職員 対象
ラグビーワールドカップ2019の決勝戦の会場「横浜国際総合競技場(日産スタジアム)」と再生水送水施設を廻る」
パシフィコ横浜→ハマウィング→港北水再生センター→日産スタジアム→パシフィコ横浜(日産スタジアムで途中解散可)

※お問い合わせは下水道展事務局までお願い致します。

主  催

公益社団法人 日本下水道協会

開催日時

8/7(水) 13:00~17:00

募集人数

40名 40

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

下水道展事務局
03-6808-9380
jimukyoku@gesuidouten.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 下水道経営を考えるシンポジウム’19~下水道を魅力あふれる地域の拠点として再生~
プログラム
●基調講演
テーマ 「下水道リノベーション」
    吉澤 正宏 氏(国土交通省下水道部下水道事業課 事業マネジメント推進室長)

●事例発表
テーマ 「三宝水再生センター リノベーション計画」
    角 羊一朗 氏(堺市上下水道局下水道部 下水道事業調整課長)
テーマ 「地域バイオマスによるエネルギー化への取組」
    七原 秀典 氏(豊橋市上下水道局 下水道施設課長)
テーマ 「鶴岡市における下水道資源の農業利用」
    有地 裕之 氏(鶴岡市上下水道部 参事兼下水道課長)

●パネルディスカッション
テーマ 「下水道が有する資源・エネルギーポテンシャルの活用」
コーディネーター 鈴木 延明 氏(国土交通省下水道部下水道企画課 管理企画指導室長)
パネリスト   角 羊一朗 氏(堺市上下水道局下水道部 下水道事業調整課長)
      七原 秀典 氏(豊橋市上下水道局 下水道施設課長)
      有地 裕之 氏(鶴岡市上下水道部 参事兼下水道課長)
      阿部 千雅 氏(国土交通省下水道部下水道企画課 下水道国際・技術調整官)

※プログラムの内容は、予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

共  催

国土交通省・公益社団法人 日本下水道協会

開催日時

8/7(水) 13:30~16:00

会  場

会議センター 503ルーム

募集人数

350名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 350

申込締切

2019-08-01

問い合せ先

日本下水道協会 経営調査課 那須・高野
03-6206-0279
keiei@ngsk.or.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 全国上下水道コンサルタント協会における防災・減災・安全への取組み

主  催

公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会

開催日時

8/7(水) 14:00~16:00

会  場

会議センター 501ルーム

講  師

古屋敷 直文 氏、山本 整 氏

募集人数

180名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 180

内  容

1. 下水道雨水管理総合計画策定マニュアル(仮称)について
技術・研修委員会委員 古屋敷 直文
2. 災害時支援マニュアル(下水道版)について
災害時支援者育成小委員会委員長 山本 整
※受付は13:30~行います。

申込締切

2019-08-01

問い合せ先

全国上下水道コンサルタント協会 幡豆 英哉(はずひでや)
03-6806-5751
hazu@suikon.or.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました B-DASHガイドライン説明会

主  催

事務局:国土交通省 下水道企画課/国土技術政策総合研究所 下水道研究部

開催日時

8/7(水) 13:00~16:00

会  場

会議センター 502ルーム

募集人数

150名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 150

内  容

B-DASHプロジェクトで実証研究を行いガイドラインを作成した4技術について、理解を深め活用していただくための説明会を開催いたします。
〔今回対象事業〕
・複数の下水処理場からバイオガスを効率的に集約・活用する技術実証事業
・最終沈殿池の処理能力向上技術実証事業
・高効率消化システムによる地産地消エネルギー活用技術の実用化に関する実証事業
・温室効果ガス削減を考慮した発電型汚泥焼却技術の実用化に関する実証事業

また、平成25年度に採択されたB-DASH技術の普及展開事例等についても
紹介いたします。(予定)

申込締切

2019-08-01

問い合せ先

国土交通省 下水道企画課 溝上
03-5253-8427
mizoue-y2gj@mlit.go.jp

お申込み

午後実施 ※開催時間は決定次第更新いたします

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 「下水道管路ストックマネジメントの実践」(管路・MHトイレ・MH蓋のJIS改定)
下水道ストックマネジメント(SM)のガイドラインが2015年に発刊され、現在、全国の事業体でSM計画が策定されています。今回、下水道管路に関するSM計画の留意点や実施例を発表します。
さらに、災害に備えるためのマンホールトイレに関する設計歩掛(管診協発刊 H30年)と設計例を発表します。
また、2018年12月にマンホール蓋のJIS改正が公示されました。製品性能、施工および設置・維持管理要領までのJIS改正点を解説します。

主  催

一般社団法人 管路診断コンサルタント協会

共  催

日本グラウンドマンホール工業会

開催日時

8/8(木) 10:00~11:30

会  場

会議センター 501ルーム

講  師

野村誉久氏(管路診断コンサルタント協会 技術委員)/根岸智和氏(管路診断コンサルタント協会 技術委員)/手嶋泰三氏 (日本グラウンドマンホール工業会 グラウンドマンホール維持管理推進委員)

募集人数

180名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 180

内  容

・「下水道管路ストックマネジメント計画例」
・「マンホールトイレ設計歩掛と設計例」
・「マンホール蓋のJIS改訂とストックマネジメント」

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

管路診断コンサルタント協会 事務局 伊藤秀紀
045-620-6672
info@kanshinkyou.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました JS技術報告会
JS理事による基調講演のほか、災害支援、『共に考える』政策形成支援、研修体制の強化、新技術の開発・導入などについて、展示ブースの展示内容をより深く掘り下げてご報告します。(主に地方公共団体の方に向けた内容になります。)

主  催

地方共同法人 日本下水道事業団

開催日時

8/8(木) 13:00~15:00

会  場

会議センター 414+415ルーム

募集人数

75名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 75

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

日本下水道事業団 広報室 玉之内、久保
03-6361-7809
Tamanouchi@jswa.go.jp

※募集を締め切りました

地方自治体職員
※募集を締め切りました 下水道展’19横浜テクニカルツアー Aコース② ※地方自治体職員 対象
「新エネルギー(下水汚泥燃料化・水素製造)施設を廻る」
パシフィコ横浜→北部下水道センター→ハマウィング→パシフィコ横浜

※お問い合わせは下水道展事務局までお願い致します。

主  催

公益社団法人 日本下水道協会

開催日時

8/8(木) 13:00~17:00

募集人数

40名 40

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

下水道展事務局
03-6808-9380
jimukyoku@gesuidouten.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 市民科学シンポジウム ~地域の未来のための協働~
下水道の市民科学の取り組みは、地域の活動団体と行政が協働し、科学的な観点から下水道に関する調査データ等を収集・解析等をすることにより、下水道の見える化やよりよい地域づくりを推進する取り組みです。本シンポジウムは、先行事例の自治体や活動団体の取り組みを紹介し、ノウハウや経験を共有するとともに、市民科学による地域の課題解決について討論することで、よりよい地域づくりのための市民科学の魅力を伝え、理解を深めることを目的とします。
 

主  催

国土交通省水管理・国土保全局下水道部流域管理官付市民科学プロジェクト

開催日時

8/8(木) 13:30~15:40

会  場

会議センター 502ルーム

募集人数

150名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 150

内  容

○講演 「下水道の市民科学プロジェクトについて」
白崎 亮 氏 (国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 流域管理官)
○講演 「市民科学とは」(仮題)
小堀 洋美 氏 (市民科学プロジェクト座長、東京都市大学特別教授)
○取り組みの事例発表
活動団体や行政からの事例発表 
○パネルディスカッション 
ファシリテーター  阿部 恭二 氏 (21世紀水倶楽部 副理事長)
パネラー     小堀 洋美 氏 (市民科学プロジェクト座長、東京都市大学特別教授)
パネラー     白崎 亮 氏 (国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 流域管理官)  ほか
※シンポジウム終了後、行政意見交換会を開催いたします。(30分程度)

申込締切

2019-07-26

問い合せ先

国土交通省 流域管理官付 市民科学プロジェクト事務局 永末
03-5253-8432
nagasue-s255@mlit.go.jp

お申込み

シンポジウムに参加される方は、お早めに事前申し込みを行って下さい。
シンポジウム後の行政意見交換会に参加を希望される方、併せて申し込み下さい。
※事前申し込みフォームは、「シンポジウム参加」と「シンポジウムと行政意見交換会の両方参加」に分かれていますので、お気を付けください。希望される方は、併せてお申し込み下さい。【シンポジウムのみ】

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 第5回アジア水の再利用シンポジウム

主  催

事務局:日本下水道協会 技術研究部 研修課

開催日時

8/9(金) 9:00~17:00

会  場

会議センター 414+415ルーム

募集人数

100名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 59

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

日本下水道協会 技術研究部研修課 佐野 智博
03-6206-0284
t.sano_035@ngsk.or.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました [下水道×謎解き] 下水道クエスト
舞台は突如として下水道が無くなった世界。不衛生な環境が蔓延し人々は苦しんでいた。
下水道展’19横浜の会場を巡りながら暗号を解いて下水道の機能(ピース)を取り戻し、きれいで美しい都市に再生させよう!
 
 
 
 

主  催

GKP下水道を未来につなげる会

開催日時

8/9(金) 10:00~16:00

会  場

会議センター 304ルーム(スタート地点)

募集人数

300名 学生の参加も大歓迎!※先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 300

内  容

304ルームで謎解きキットを受け取り、下水道展会場で謎解きを行います。
また、304ルームでは、ご希望の方に水関連企業の就職情報の案内も行います。
お気軽にご参加ください!
※スタート時間は参加者の任意です。ゴールまでは概ね1時間です。

申込締切

2019-08-05

問い合せ先

GKP下水道を未来へつなげる会・日本水道新聞社 吉原
03-3264-6724
yoshihara@suido-gesuido.co.jp

※募集を締め切りました

都市浸水対策に関心のある自治体、企業、大学等
※募集を締め切りました 都市浸水リスクのリアルタイム管理・制御への挑戦
東京大学では横浜市と協力しながら鶴見川流域を研究フィールドとして、管渠水位のリアルタイムセンシングやデータ同化技術を活用した都市浸水対策の高度化の研究に取り組んでいます。本イベントでは、浸水に脆弱な都市への水平展開を目指しながら、研究開発で得られた成果を紹介します。

主  催

東京大学大学院工学系研究科社会連携講座「未来型の都市浸水リスク管理・制御システム」

共  催

横浜市環境創造局

開催日時

8/9(金) 10:00~12:00

会  場

会議センター 413ルーム

講  師

古米弘明、渋尾欣弘、石井智博(横浜市)他

募集人数

100名 募集人数を超える応募があった場合、同一組織からの参加者数を調整させていただくことがあります 100

内  容

都市浸水の予測とリスク管理に係る研究成果発表会

申込締切

2020-07-26

問い合せ先

東京大学
03-5841-0351
sec-407@env.t.u-tokyo.ac.jp

お申込み

定員になり次第締切りとなります。

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 災害時のトイレ・下水道フォーラム ‐集合住宅でのトイレ対策を実践から学ぼう‐
東京と大阪の住民2000人にアンケートを行ったところ、大地震で地域全体が停電・断水している時、自宅避難を希望する人は67.2%でした。一方で、自宅に災害用トイレを備えている人はわずか16.9%でした。大きな地震や水害が起きると停電・断水により多くの水洗トイレは使用できなくなります。建物が大丈夫でも、トイレがなければそこで生活を継続することができません。
そこで、本フォーラムでは集合住宅におけるトイレ対策のあり方を考えるため、下水道と給排水設備の仕組みとつながりを学びます。また、マンションでトイレの備えや点検方法について実践的に取り組む事例を紹介します。携帯トイレ、簡易トイレ、仮設トイレ、マンホールトイレなど、様々な災害用トイレのパネル展示もあります。

主  催

公益社団法人 日本下水道協会(企画・運営:特定非営利活動法人日本トイレ研究所)

開催日時

8/9(金) 12:00~16:00

会  場

パシフィコ横浜 アネックスホール F205・F206ルーム

講  師

新田  巧氏(横浜市環境創造局下水道管路部管路保全課長)/ 市川ゆかり氏(マンション居住者・防災トイレアドバイザー) / 宮良拓百氏(一般社団法人日本建築設備診断機構)

募集人数

150名 先着順/定員となり次第、締め切りとなります。 92

申込締切

2019-07-25

問い合せ先

日本トイレ研究所 原田 雄美
03-6809-1308
k_harada@toilet.or.jp

※募集を締め切りました

※募集を締め切りました 地域活性化戦略としてのBISTRO下水道プロジェクト~循環型社会構築に向けて~
下水道資源の農業利用促進プロジェクトとして2013年に誕生した「BISTRO下水道」。本シンポジウムでは地域活性化を実現する戦略としてのBISTRO下水道の役割と可能性を「経済」「科学」「広報」の各側面から紐解きます。

主  催

GKP BISTRO下水道チーム

共  催

日本下水道協会

開催日時

8/9(金) 13:00~15:00

会  場

パシフィコ横浜303会議室

講  師

事業構想大学院大学 重藤さわ子准教授ほか

募集人数

116名 109

内  容

○基調講演
「地域の未利用資源活用と経済効果」 
事業構想大学院大学 重藤さわ子准教授 
    
○講演
「日本下水道協会の下水道資源における農業利用の取組み~持続可能な下水汚泥由来肥料利用の促進に向けて~」 
日本下水道協会技術指針課 前田明徳主幹 

○講演
「GKP BISTRO下水道チームによる広報活動レポート」
 GKP(下水道広報プラットホーム)企画運営委員 馬淵沙織 

ファシリテーター  日本水道新聞社 村仲英俊取締役
コメンテーター   東北大学  加藤裕之特任教授

申込締切

2019-08-04

問い合せ先

GKP BISTRO下水道チーム
--
team@jyunkansodachi.com

※募集を締め切りました