併催行事・併催企画

併催企画については、事前来場登録または団体来場登録をした後、来場者マイページより申し込みが出来ます。

【特別講演】第4次産業革命のトレンド

講師

野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部
グループマネージャー 上級研究員 城田 真琴氏

プロフィールCLICK
城田 真琴(しろた まこと)
野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部
グループマネージャー 上級研究員
2001年に野村総合研究所にキャリア入社後、一貫して先端ITが企業や社会に与えるインパクト等を調査・研究している。
総務省「スマート・クラウド研究会」技術WG委員、経済産業省「IT融合フォーラム」パーソナルデータWG委員などを歴任。
著書に『クラウドの衝撃』『ビッグデータの衝撃』『FinTechの衝撃』(いずれも東洋経済新報社)、共著に『ITロードマップ』などがある。
NHK Eテレ「ITホワイトボックス」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、BSフジ「プライムニュース」、BSジャパン「日経プラス10」などテレビ出演多数。
内容
クラウドやビッグデータの活用を前提として、IoT、AI、ロボット、VR/ARなどの、新たなイノベーションが現在進行形で進んでいます。これらは、「第四次産業革命」と呼ばれるほど、ビジネスや社会に大きなインパクトをもたらすことが予想されています。本講演では、こうした第四次産業革命を支える技術トレンドについて、現状と今後の方向性を展望します。
日時
平成29年8月1日(火)14:30〜16:00
会場
会議棟1階 レセプションホールB
募集人数
300名(先着順)

城田 真琴(しろた まこと)氏

【特別企画】水ビジネス業界 インターンシップ&キャリアセミナー(無料・学生向け)

「水ビジネス」をテーマに、インターンシップ・キャリア形成に興味関心の深い学生と、意識の高い学生との出会いを望む企業・団体様とのスムーズな交流を図るための合同企業展です。お互いのメリットを最大限活かせるシステムと企画をご用意しています。
日時
8月3日(木) 13:00〜17:00
会場
東新展示棟 東8ホール
主催
日本下水道協会
協力
学研アソシエ
内容
各参加企業や団体がインターンシップ・キャリア等について紹介する合同企業説明会
対象
主に2019年以降卒業予定の大学・短大・高専・専門学校生
問い合わせ先
学研アソシエ採用支援事業室 キャリアセミナー係
〒141-8422 東京都品川区西五反田8-1-13
TEL.03-6417-3024 FAX.03-6417-3027
email:info@gakken-a.jp
インターンシップキャリアセミナー

B-DASHガイドライン説明会

内容
小型レーダーを用いた都市浸水対策技術、バイオガス中のCO2分離・回収と微細藻類培養への利用技術及び下水処理水の再生処理システムの3技術について、下水道管理者が導入を検討するためのガイドラインをとりまとめました。あわせて、平成24年度に採択されたB-DASH技術の普及展開事例等についても紹介いたします。

日時
平成29年8月1日(火)14:00〜17:00
会場
会議棟1階 102会議室
募集人数
80名

「ストックマネジメント計画策定のポイントと策定例」についてのセミナー

日時
平成29年8月2日(水)10:00〜12:10
会場
会議棟1階 レセプションホールB
募集人数
200名
企画・運営
日本下水道管路管理業協会 TEL:03-3865-3461

下水道経営を考えるシンポジウム’17
〜「改築更新時代の下水道経営を考える」〜

内容
基調講演(国土交通省等)/事例発表(相模原市・前橋市)/パネルディスカッション(国土交通省・自治体等)
日時
平成29年8月2日(水)13時30分〜16時00分
会場
会議棟1階 レセプションホールB
募集人数
300名(先着順)
問い合わせ先

日本下水道協会 経営調査課 武智 TEL:03-6206-0279

申し込み方法

お申込み期間:平成29年6月1日~平成29年7月31日
お申込み方法:以下のアドレスにアクセスし入力フォームにてお願い致します。
https://formcreator.jp/answer.php?key=1OPoGAplZIiG%2FzSMemu%2F9Q%3D%3D

テクニカルツアー(公共団体のみ申し込めます)

東京都下水道局の協力を得て、下水道施設内の最新設備・機器等を見学するバスツアーを開催します。
日時
平成29年8月2日(水)・3日(木) 13:00より
集合場所
東5ホールガレリア テクニカルツアー集合場所
集合時間
12時45分まで
見学場所

【Aコース】
12:30 東5ホールガレリア ツアー集合
13:00 東京ビッグサイト        発
13:30 下水道技術実習センター     着(視察時間:1時間)
14:30 下水道技術実習センター     発
15:15 旧三河島汚水処分場喞筒場施設  着(視察時間:1時間)
16:15 旧三河島汚水処分場喞筒場施設  発
16:45 東京駅             着

【Bコース】
12:30 東5ホールガレリア ツアー集合
13:00 東京ビッグサイト        発
13:30 森ヶ崎水再生センター      着(視察時間:1時間30分)
15:00 森ヶ崎水再生センター      発
15:45 芝浦水再生センター       着(視察時間:1時間)
16:45 芝浦水再生センター       発
17:00 品川駅             着

募集人数
40名(先着順)
募集期間
6月1日(木)~7月21日(金)17:00まで
食事条件
バスの中での飲食は原則お断りいたします

B-DASHツアー(公共団体のみ申し込めます)

B-DASHプロジェクト「脱水乾燥システムによる下水汚泥の肥料化、燃料化技術」の実証施設や、同処理場で行われている消化ガス発電や高濃度中温消化技術の開発設備等を見学するバスツアーを開催します。
日時
平成29年8月3日(木)10:20より
受付方法
東5ホールガレリア INFORMATIONにて当日10時20分より受付
集合場所
東5ホールガレリア ツアー集合場所
集合時間
10時20分 その後点呼、バスへ誘導
見学場所

10:20  東5ホールガレリア ツアー集合 (点呼後、10:25目途にバスへ移動)
10:30  東京ビッグサイト        発
13:00  栃木県鹿沼市 黒川終末処理場  着(視察時間:2時間)
      ※処理場内の大型バス駐車場で乗降
15:00  栃木県鹿沼市 黒川終末処理場  発
15:45頃 宇都宮駅            着(降車希望者のみ)
      ※宇都宮駅下車の希望者がいなかった場合は、停車しません。
17:30  東京駅八重洲口         着
(交通事情により東京駅到着が遅れることもございます。あらかじめご了承願います。)

募集人数
30名(先着順) 最少催行人員 設定なし 1名でも運用
ご案内
月島機械(株)・サンエコサーマル(株)・日本下水道事業団・鹿沼市・(公財)鹿沼市農業公社共同研究体

【今年で4回目】「体験型!水ビジネスワークショップ 〜水の未来について考えよう!〜」(無料・学生向け)

これからまだまだ飛躍する水ビジネス業界全体が分かる体験型イベントです。国土交通省、自治体、コンサルタント、メーカー等の若手職員と課題解決トレーニングやランチミーティングを通じて水ビジネスの未来について一緒に考えませんか?現場の最前線で働く職員や人事担当者と一度に出会うことのできる滅多にないチャンス!「GKP下水道を未来につなげる会」が皆様の参加をお待ちしております!
日時
平成29年8月2日(水)10:00~16:00
会場
会議棟1階 101会議室
内容
水ビジネス業界の未来を考える
◇国土交通省、自治体職員の講演
◇下水道展ブース見学 
◇課題解決トレーニング・グループ発表
◇ランチミーティング
参加条件
大学院・大学・高専・短大の学生(学年・学科は問いません)
定員人数
45名(定員を超えた場合は先着順とします)
参 加 費
無料(昼食がつきます) 

下水道における課題解決のためのPPP/PFI説明会(仮題)

内容
下水道における課題解決のため、コンセッション等のPPP/PFIの導入事例や考え方に関する説明会を開催します。
日時
平成29年8月3日(木)午前中
会場
会議棟1階 101会議室
募集人数
100名

【シンポジウム】
安全・安心なまちづくりに向けた新たな浸水対策
~浸水シミュレーションによる効率的・効果的な対策~

主催
日本下水道新技術機構
日時
平成29年8月3日(木) 13:00~16:30
会場
会議棟1階 レセプションホールA
募集人数
300人
問い合わせ先
日本下水道新技術機構 研究第二部 
TEL:03-5228-6598
詳細・申込方法
日本下水道新技術機構のホームページよりご確認、お申し込みください。
https://www.jiwet.or.jp/trainings/symposium

災害時のトイレ・下水道フォーラム

日時
平成29年8月4日(金)12:00〜16:00
会場
会議棟1階 レセプションホールB
内容

1.基調講演「マンション防災のために知っておきたい生活再建の知識の備え ~巨大災害時の被災者ニーズを教訓に~」
岡本正氏(弁護士・マンション管理士・医療経営士、銀座パートナーズ法律事務所)
「被災する」とはどういうことか、マンション居住者としてイメージし、さらに一歩を踏み出す「生活再建の知恵」を備え、「防災を自分ごとにする」ことが重要です。

2.マンションでのトイレ対策Q&A
【パネリスト】峯健介、浅野幸子、岡本正
「災害時のトイレ、どうする?(動画)」をもとに、マンション等でのトイレ問題と対応方法についてお応えします。

3.災害用トイレ展示・体験コーナー
本フォーラム会場では、様々な種類の災害用トイレを展示しております。
※災害用トイレの詳細はこちら 
http://www.toilet.or.jp/toilet-guide/product/list.html

募集人数
200名
企画・運営
NPO法人日本トイレ研究所 TEL:03-6809-1308 web_ml@toilet.or.jp

日本下水道事業団 技術報告会

内容
「下水道ソリューションパートナー、JS~良好な水環境の創造、安全なまちづくり、持続可能な社会の形成に貢献します~」をテーマに、基調講演のほか、下水道ソリューションパートナーとしての総合的支援、今回の下水道展開催地・東京都における大規模プロジェクトの施工管理と再構築事業の効果、新技術の開発・導入・普及、国際展開支援事業に関する最新のJSの取組みについて、報告会を開催します。
日時
平成29年8月4日(金)13:00~15:00
会場
会議棟7階 703会議室
募集人数
50名(先着順)
問い合わせ先
日本下水道事業団 経営企画部 総務課 広報室 TEL:03-6361-7808

ビストロ下水道推進戦略チーム会合・特別企画
ビストロ下水道セミナー

内容
下水汚泥由来肥料の有効利用率向上に向けて、地方公共団体、肥料製造者、肥料利用者等を招聘し、各団体よりその取組みについて講演を行います。
日時
平成29年8月4日(金)13:00〜16:00
会場
会議棟6階 605会議室
募集人数
120名(先着順)
問い合わせ先
日本下水道協会 技術指針課 前田 TEL:03-6206-0369

水環境ひろば〜市民科学と下水道〜

内容
下水道の市民科学は、地域団体等が行政などの協力を得ながら、下水道に関する調査研究活動に参画することにより、よりよい地域づくりに向けて様々な課題解決を目指す方法です。本シンポジウムでは、住民と行政の事例や議論を通じて、下水道に着目した「市民科学」の取組方について理解を深めます。
日時
平成29年8月3日(木)14:30~17:00
会場
会議棟1階 102会議室
募集人数
100名

下水道のアセットマネジメントに関する国際シンポジウム−オーストラリアと米国の先進的な取組みに学ぶ−

特別講演

1.「オーストラリアにおける上下水道アセットマネジメントの展開」
オーストラリア上下水道サービス協会 Greg Ryan

2.「アメリカにおける上下水道アセットマネジメントの最新動向」
米国CH2M HILL社 Scott Haskins

パネルディスカッション
コーディネーター・京都大学 特命教授 藤木 修
講演者、国土交通省、地方公共団体等
日時
平成29年8月4日(金)9:30〜12:30
会場
会議棟1階 102会議室
募集人数
140名
参加費
官公庁、地方公共団体職員・無料
その他・1名3,000円
参加有料対象者には、申し込み締切後に請求書と振替用紙をお送りいたします
申込締切:平成29年7月14日(金)
参加費振込期限:平成29年7月28日(金)
企画・運営
日本水道新聞社(日本下水道新聞)
問い合わせ先
出版企画事業部 担当:吉原・村仲 TEL: 03-3264-6724
email:sympo@suido-gesuido.co.jp

将来像を描く「下水道ビジョン」の提案

主催
全国上下水道コンサルタント協会
日時
平成29年8月4日(金)11:00〜12:00
会場
会議棟6階 609会議室
募集人数
100名
問い合わせ先
全国上下水道コンサルタント協会 担当:幡豆(はず) info@suikon.or.jp 
TEL:03-6806-5751 

Page Top